申込、受付

静岡県溶接工業協同組合
〒424-0847 静岡市清水区大坪1丁目5番17号
TEL 054-347-3070

評価試験申込上の注意

溶接技能者評価試験申込書提出前に

1.写真を確認して下さい。

  1. 写真は申込書の所定の位置に貼ってありますか。
  2. 写真は規定のサイズになっていますか。
    1. サ イ ズ=4.5×3.5cm←パスポートサイズです。
    2. 顔の大きさ=2.0~2.5cmが理想
  3. 写真は規定通り撮られていますか。下図参照して確認して下さい。
  4. 受験票貼付用に、別に1枚各人で保管して下さい。(受験票に受験者が貼付)

2.「溶接技能者評価試験申込書」記入後確認して下さい。

  1. 受験者の押印忘れ。勤務先責任者の署名、押印の忘れはありませんか。
  2. 住所・氏名・勤務先住所のフリ仮名は落ちていませんか。
  3. 受験種目の番号へ○印をつけてありますか。
  4. 使用溶接材料欄は記入してありますか。
    1. 銘柄はメーカー名 ではなく 棒名を記入して下さい。
      “例” →【神鋼】(×) ⇒ →《B-14》(○)
      *溶接棒、ワイヤーの箱に表示されていますので確認して下さい。
    2. 使用溶接材料(溶接棒・ワイヤ等)の記入について
      アーク溶接:使用する溶接棒の銘柄(溶接棒の名称)、JIS規格の種類(D4301・D4316等)を1層目と2層目以降に分けて記入する。なお、組合せ溶接及びティグ溶接の場合は、1層目にティグ溶接棒(溶加材)を記入する。
      半自動溶接:使用するワイヤの銘柄(メーカーの呼称)、JIS規格の種類(YGW11・YGW15等)及びワイヤ径を、また組合せ溶接の場合は、ティグ棒(溶加材)についてもワイヤと同様に記入する。
      ステンレス溶接:使用する溶接棒の銘柄(溶接棒の名称)、JIS規格の種類(D308・D308L・D316・D316L等)使用する溶接ワイヤ又は、ティグ棒(溶加材)の銘柄(名称)JIS規格の種類(Y308.Y308L.YF308C.F308LC.等)及び径を、また組合せ溶接(CN-PM)の場合は、1層目にティグ棒(溶加材)2層目以降については溶接棒を同時に記載する。
  5. 申込書の実務経験年数は記入してありますか。
    1. 溶接作業に従事した期間及び合計の経験年数4
    2. 勤務先の所属長または責任者等の証明
      *自営の方については、ご自分で証明していただいてもかまいません。

受験申込書提出後は

  1. 受験取消し、受験種目の変更は、申込み受付開始日から30日以内に限り認められます。
  2. 再評価試験「基本級・専門級」受験者で、試験当日の「基本級省略」の申し出は認められません。(平成15年1月より実施)
  3. 「申込書」受理後に学科試験の免除を申し出た場合:既得資格のコピーを提出ください。但し、受験料の返金はありません。
  4. 受験票の送付:溶接技能者評価試験日の2~3週間前に送付します。
  5. 「欠席者」の受験料の扱い:次の2項についてのみ受験料の払い戻しが認められます。
    1. 忌 引 : 三親等以内(会葬通知等のコピーを提出下さい。)
    2. 入 院 : 病気ケガ(医師の診断書のコピーを提出下さい。)
      試験日翌日迄に必ず手続きして下さい。