サーベイランス

  1. 溶接適格性証明書の有効期間を延長したい者は、有効期間の終了する3ヶ月以内にサーベイランス(引き続き業務に従事していることを確認する審査)を受けなければならない。
  2. サーベイランスの結果により、資格及び適格性証明書の有効期間を1年間延長する。ただし、このサーベイランスによる延長は2回が限度です。 その後再評価試験となります。

資格の再評価

  1. 資格の登録からサーベイランスを2回受けて、さらに資格を継続したい者は、資格の再評価を受けなければならない。
  2. 再評価の試験は、受験者が所有する資格の実技試験を行う。ただし、専門級の資格を有する者は基本級の実技試験を省略することができる。(不合格の場合は基本級も消滅する。)
  3. 再評価の試験は、受験者が所有している資格及び適格性証明書の有効期間が終了する前8ヶ月から前2ヶ月の期間に受験しなければならない。